メインビジュアル

浅層混合処理工法

  • ケミコライザー工法 (表層地盤改良工法)
    固化材を散布し、施工機により攪拌・混合し、整正・転圧による地盤表層を締固め、固化します。 混合方式には、バックホウ施工機を用いて攪拌・混合する方式(軟弱地盤の表層2m程度までを固化します)と、履帯式スタビライザー施工機を用いて攪拌・混合する方式(軟弱地盤の表層1.2m程度までを固化し、大規模工事に適しています)があります。 また、道路改良、杭打ち機等の支持力増加に多く使用します。
  • MR工法(Mud Reform 工法)
    超軟弱土(ヘドロ)から軟弱地盤を対象とし、浅層から中層における軟弱土の固化処理を目的とした工法です。 改良対象土にスラリーを攪拌混合します。対象となる土質および深度により、最適な施工機および攪拌翼(垂直式、ロータリー式)を選定し、高品質、高能率の施工を可能とした原位置固化処理工法です。
  • ARM工法(Advanced  Rotary  Mixing 工法)
    ARM工法は,湖沼・ヘドロなどの歩行困難な超軟弱地盤上でも,計画位置への改良柱体の造成で100%の全面改良が可能であり,最大施工深度7.5mまで施工可能です。改良目的は,ヘドロなどの固化処理や不溶化処理,汚染土封込等に用いられる原位置攪拌固化処理工法です。
お問い合せ