メインビジュアル

ケミコライザー工法 (表層地盤改良工法)

カタログはこちら

ケミコライザー工法の概要

ケミコライザー工法とは、固化材を散布し、施工機により攪拌・混合し、整正・転圧による地盤表層を締固め、固化します。 混合方式には、バックホウ施工機を用いて攪拌・混合する方式(軟弱地盤の表層2m程度までを固化します)と、履帯式スタビライザー施工機を用いて攪拌・混合する方式(軟弱地盤の表層1.2m程度までを固化し、大規模工事に適しています)があります。 また、道路改良、杭打ち機等の支持力増加に多く使用します。

バックホウ混合施工法

工法概要

軟弱地盤の表層2m程度までを固化処理する工法であり、バックホウを用いて攪拌・混合を行う地盤改良工法です。
通常、改良対象土上に改良材を散布し、バックホウを用いて所定の改良深度まで掘り起こすと同時に、改良材と原土の攪拌混合を行い、改良地盤を造成します。

特徴

  1. あらゆる軟弱土に適用でき施工機の汎用性も高い。
  2. バックホウのバケットによる攪拌混合のため、若干混合精度が劣る。
  3. 1回の混合厚は1m程度です。
  4. 材料供給は粉体方式です。
  5. 適用工事規模は中規模から小規模工事です。

適用土質

施工機(バックホウ)が進入可能であれば、あらゆる軟弱土に適用可能です。

施工

ケイコライザー工法_コンテナバック_写真
ケイコライザー工法_バックホウ混合施工法_写真

スタビライザー混合施工法

工法概要

軟弱地盤の表層0.6mまで(ディープスタビライザー方式では約1.2mまで)を固化処理する工法であり履帯式スタビライザーを用いた地盤改良工法です。
通常、改良面上に改良材を散布し、スタビライザー等を用いて所定の改良深度まで掘り起こすとともに、改良材と原土の攪拌混合を行い、改良地盤を造成し、大規模工事に適しています。

特徴

  1. 泥土よりも、軟弱土の改良に優位性がある。
  2. ブロック状の改良体を造成する。
  3. 材料供給は粉体方式。
  4. 適用工事規模は中・大規模工事。

適用土質

粘性土 砂質土 有機質土

施工

ケミコライザー工法_散布_写真
ケミコライザー工法_撹拌混合_写真

工法の適用

支持力増加 2 すべり防止 3 沈下低減 4 K値増加
5 液状化の防止 6 走行性の確保 7 路床の改良 8 改良土の再利用
お問い合せ