メインビジュアル

MR工法(Mud Reform 工法)

カタログはこちら

MR工法の概要

MR工法(Mud Reform Method)は、超軟弱土(ヘドロ)から軟弱地盤を対象とし、浅層から中層における軟弱土の固化処理を目的とした工法です。 改良対象土にスラリーを攪拌混合します。対象となる土質および深度により、最適な施工機および攪拌翼(垂直式、ロータリー式)を選定し、高品質、高能率の施工を可能とした原位置固化処理工法です。

特徴

  1. 施工条件に応じた施工機を選定することができ、ヘドロ上での施工が可能な泥上車タイプがある。また、トラフィカビリティの確保が容易な場所ではバックホウタイプを用い、高い機動性を有した高能率の施工が可能。
  2. 攪拌翼は、垂直式とロータリー式の2種類の選定が可能。対象土および改良目的にあった攪拌方法を選定できる。(ただし、改良深度が3mを超える場合は垂直式のみ施工可能)
  3. 中層(3m~8m程度)の改良では、リーダーガイドを装備することにより、鉛直性の制御が可能。(リーダーガイドタイプは垂直式の攪拌方式のみ可能)
  4. 垂直式改良では、施工および現場条件に応じて改良径を設定(直径0.6~1.0m)でき、施工能率、経済性の向上が可能。
  5. 低振動、低騒音の低公害工法。

工法の適用

  1. 対象土のコーン指数 qc≦400kN/m2程度まで適用可能です。
  2. 施工深度は、施工機のタイプにより2.0~8.0mまで施工可能です。
お問い合せ