LDis-Dy工法(LDis工法の大口径化工法)_ヘッダー写真

LDis-Dy工法(大口径型低変位高圧噴射攪拌工法)

LDis-Dy工法の概要

LDis-Dy(LDis-Dynamic)工法は、地盤切削に必要な超高圧噴射エネルギーを向上させることで、さらに大口径の改良体を造成し、かつ改良対象土1m3当たりの固化材スラリーの供給を必要最小限に抑え、地盤改良時に原土の一部を地表に排出することにより、地盤へのスラリー供給に伴う体積増加をできるだけ少なくして変位を低減させる地盤改良工法です。
LDis-Dy工法_工法原理(イラスト)
工法原理

特徴

  1. 排土機構により施工時の変位を低減

    排土機構により施工時の地盤変位を低減します。

    LDis-Dy工法_排土状況(写真)

    排土状況

  2. スライドベ-ス(自走式台車)による機械移動

    大規模盛土や覆工桟橋を必要とせずにH鋼を利用した軽微な仮設で施工できます。

    LDis-Dy工法_水上台船施工(写真)

    水上台船施工

    LDis-Dy工法_陸上施工(写真)

    陸上施工


  3. 高粘着力地盤や砂質土を含め、幅広い地盤に適用可能であり、大口径改良体が造成でき、経済的である

    対照土質*1

    改良径D(m)*2
    特殊ロッドヘッド
    Ø600のf場合

    砂質土(細粒分40%以下) N≦20

    1.5〜1.8

    粘性土(w=60〜150%) Su≦70kN/m2 1.2〜1.9
    腐植土 w≦1000% 1.9

    *1貫入能力は砂質土N≦20、粘性土N≦5です。レキ、玉石等の障害物は事前に除去する必要があります。
    *2改良径 の設定に当たっては、土質の基本性状に加え、粒度構成、含水比、粘着力、繊維分の分解度、実績値、噴射時間、工事目的、安全性等を考慮して総合的に判断します。

  4. 高品質な改良体により密着施工が可能

    超高圧ジェット噴流により高い混合性能を有し、均質な改良体が造成できます。また、山留め壁や基礎杭等への密着した改良体の造成や改良体相互のラップ施工が確実に行えます。

    LDis-Dy工法_改良出来形_写真

    改良型出来形

    LDis-Dy工法_改良体と矢板の密着施工_写真

    改良体と矢板の密着施工

適用目的

  1. ヒ-ビング防止
  2. 受働土圧の増加
  3. 間詰め工(山留め壁~機械攪拌)
  4. 横方向地盤反力の増加
  5. 支持力増強
  6. 耐震補強・液状化対策
  7. 近接施工

LDis-Dy工法の施工手順

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

お問い合せ