メインビジュアル

MR-D工法(深層混合処理工法)

MR-D工法の概要

MR-D工法とは、Mud Reform-Deep工法の略称で、深層部まで堆積する軟弱土層に対してスラリー状の固化材を供給し、特殊攪拌装置で強制的に攪拌混合することにより、強固で安定した改良地盤を造成する工法です。

特徴

  1. 優れた材料と幅広い適用土質
  2. 信頼ある施工管理
  3. 用途に応じた自在な機種選定
  4. 多目的で豊富な実績

適用目的

  1. 盛土・切土のすべり防止
  2. 圧密沈下の低減
  3. 支持力の増大
  4. 土圧の低減
  5. 変形・変位の防止
  6. 重要構造物の防護
  7. その他改良工事

適用地盤

土質 適用条件
砂質土

標準速度 N≦10 最大N=20

(施工能力10%減)

粘性土

標準速度 N≦5 最大N=10

(施工能力10%減)

標準速度:攪拌軸貫入速度1m/分

標準改良仕様

改良径(m) 軸間ピッチ(m)
1.0 0.8,1.0

改良杭体

MR-D工法 改良杭体01_写真
1
MR-D工法 改良杭体02_写真
2

施工機

MR-D工法_施工機01_写真
1型(長尺1軸)
MR-D工法_施工機02_写真
2型(中長尺2軸)

MR-D工法の施工手順

MR-D工法(深層混合処理工法)_イラスト(施工手順)

お問い合せ