NJP工法(空気連行型超高圧噴射攪拌地盤改良工法)_写真

NJP工法(空気連行型超高圧噴射攪拌地盤改良工法)

カタログはこちら

NJP工法の概要

NJP工法は、二重管ロッドに装着したNJP特殊攪拌翼の先端部から、固化材スラリーを圧縮空気と連動させながら超高圧で噴射させることにより、大口径の改良体を短時間で造成する工法です。また、地中で改良時に連動・噴射させた圧縮空気は、特殊攪拌翼で形成された孔壁を通じ、切削発生土を安定的かつ確実に地上に排出させます。

特徴

  1. 従来工法に比べ、短時間(改良時間)で大口径の改良体が得られる経済的な工法。
  2. 従来工法に比べ、改良単位体積当たりの発生土量が比較的少ない。
  3. 発生土を安定的かつ確実に排出させるため、施工時の変位が少ない。
  4. 山留め壁、基礎杭等への密着や改良体相互のラップ施工が容易。
  5. 施工機械は軽量小型で機動性に優れる。

適用地盤

土 質
適用条件
砂質土
N≦30
粘性土
C≦50kN/m2

改良径

改良径(m)

Ø=1.6~2.2m

※ 改良翼径 Ø0.4mの場合

NJP工法の施工手順

NJP工法(深層混合処理工法)_イラスト(施工手順)

お問い合せ