SDM-Fit工法(大口径型高速低変位深層混合処理工法)_写真

SDM-Fit工法(大口径型高速低変位深層混合処理工法)

SDM-Fit 工法の概要

SDM-Fit工法は、二軸式機械攪拌と超高圧ジェット攪拌を併用したハイブリット工法で、経済性に優れ、大幅な工期短縮が図れます。特に、高粘着力地盤を対象とする場合の施工能力が飛躍的に向上しています。

特徴

  1. 多様なバリエーション

    土質条件、施工規模、改良目的などに応じて、最適な方法を多様なバリエーションから選択できます。改良された三点支持式杭打機による二軸式機械攪拌と超高圧ジェット攪拌を併用することで、大口径の改良体を高速で造成でき、工期短縮が図れます。

    SDM-Fit工法_施工のバリエーション(イラスト)

     

  2. 改良時の変位の抑制と制御が可能

    地盤中に混入する固化材スラリー量に見合う排土を行うことで、地盤変位の抑制が行えます。また、特殊オーガースクリューによって排土量の調整を行うことができます。 

    SDM-Fit工法_変計測データ例(イラスト) 排土状況(写真)

     

  3. 構造物との密着施工、改良体相互のラップ施工が可能

    超高圧ジェット攪拌による造成で、これまでの深層混合処理工法では不可能であった既設構造物や基礎杭,山留め壁との密着施工が可能となり、開削工事における底盤改良(ヒービング防止,受働土圧増加)に有効です。
    また、超高圧ジェット攪拌のため、改良体同士の密着性に優れます。そのため液状化対策工事等の格子状・壁状・ブロック状改良に有効です。

  4. SDM-Fit工法_改良平面_写真

適用目的

  1. 盛土・切土のすべり破壊防止
  2. 構造物の支持力強化および沈下低減
  3. 開削工事のヒービング防止、山留め壁の変形防止、受働土圧増加
  4. 耐震補強、液状化防止
  5. 既設および新設の基礎杭、山留め壁、自立式護岸の横方向地盤反力の増加
  6. 腐植土、高有機質土の改良
お問い合せ