メインビジュアル

二重管ダブルパッカー工法

注入管回りをスリーブグラウト(セメントベントナイト液)で充填し、2次注入では注入孔上下のダブルパッカーにより逸液を防ぎながら、緩結性の注入を行います。

工法の概要

Ø=100mm程度の孔径にて所定深度まで削孔し、注入外管を建込み周囲をグラウト材で固めて養生した後、注入外管の中にダブルパッカを装着した注入管を建込み、セットして注入改良を行います。

特 徴

  1. 計画注入が可能
    注入材を所定の位置、一定の範囲、均一に注入が可能。
  2. 異なった種類の注入材が使用可能
    同一個所において異なった種類の注入材を繰返し注入することが可能。
  3. 作業の省力化
    削孔と注入の作業工程を分離してすすめるため、作業の省力化、簡易化を図れる。
  4. 構造物に対する影響が少ない
    砂質土に対して 浸透注入を行うため、地盤変化が非常に少なく構造物に対する影響が少ない工法。

適用目的

  1. 地盤強化
  2. 止水

二重管ダブルパッカー工法の施工手順

ソレタンシュ工法 施工手順_イラスト


お問い合せ