キャロットアンカー工法 斜面・防災_ ヘッダ写真

キャロットアンカー工法® (補強土工法)

※キャロットアンカー工法は、商標登録工法です

キャロットアンカー工法の概要

キャロットアンカー工法は、高出力のロータリーパーカッションドリルを用いて削孔することにより、砂礫層、玉石を含む土層や障害物のある盛土内にØ170mmのアンカー体を築造すると共に、その軸中心位置に、槍状の先端防護材や専用スペーサーを装着した引張り芯材を貫入し、中径棒状補強体を構築する地山補強土工法です。

工法の特徴

  1. 砂礫、玉石土層に大径補強体を築造
  2. 削孔と同時に芯材を埋設する能率施工
  3. 槍状の先端防護材や専用スペーサーにより芯材を確実にセンタリング
  4. 膨張セメントミルク充填で地山に密着施工
  5. 地下水位以下の土層へも適用可能

アンカー体

キャロットアンカー体_イラスト
キャロットアンカー体の概略

適用分野

キャロットアンカー工法 斜面急勾配化_写真
斜面急勾配化
キャロットアンカー工法 仮土留め_写真
仮土留め
キャロットアンカー工法 切取補強土_写真
既設擁壁補強
お問い合せ