メインビジュアル

法面保護工法

施工事例はこちら

法面保護工法の概要

  1. 無機系緑化吹付け安定材(エコスティブラー)による法面緑化工法。
  2. 受圧構造体による法面保護工法。 パワーネット

    受圧構造体は、アンカーの緊張力を維持すると共に、法面保護としての機能を有したものが多い。

受圧構造体の種類と特長

受圧構造体の
名称
施工方法 材料 構造 特長 名称例
吹付法枠
nori_00b.gif
載り面に型枠を設置し吹き付け機でコンクリートを吹き付け打設する。 コンクリート・モルタル・間伐材・クリンプ金網・鉄筋など。
格子状
現場打ちコンクリートに比べ強度は劣るが、法面形状に柔軟に対応できる。 フリーフレーム
独立板
nori_00c.gif
工場において製造したプレキャスト部材を法面に設置する。法面上でコンクリートを打設するものもある。 コンクリート・モルタル・鋼製・アルミ製合板・クリンプ金網・鉄筋、防錆鋼板など
クロスタイプ
セミクロスタイプ
スクェアタイプ
強度・耐久性・信頼性が高い。現場にて養生の必要の無いものは工期短縮に貢献する。 クロスビーム
連続板
nori_00d.gif
法面に型枠を設置しポンプなどでコンクリートを打設する。 コンクリート・モルタル・木型枠・クリンプ金網・鉄筋など
平板状
アーチ状
形状・強度に優れるが緑化は難しい。
法面保護工法_写真
お問い合せ