ST_マイクロパイル工法_写真

STマイクロパイル工法(耐久性強度ネット法面保護工)

STマイクロパイル工法の概要

STマイクロパイル工法(STRONG-TUBFIX MICROPILES)は、都市狭隘地、地下空間、山岳傾斜地等の限られた施工空間、厳しい環境条件下での施工を対象として開発した小口径の杭工法です。本工法は、従来のマイクロパイルにグラウトの加圧注入技術や高圧噴射撹拌による地盤改良技術を取り入れ、補強材として節突起加工を施した小口径の高張力鋼管を用いるもので、下図に示す2つのタイプがあります。

STマイクロパイル工法_タイプⅠ_イラスト
NETIS登録番号HR-030012
STマイクロパイル工法_タイプⅡ_イラスト

特 徴

  1. STマイクロパイル工法 タイプⅠ
    小口径鋼管(Ø300mm以下)をケーシングとして用いて削孔打設し、パッカーによるグラウトの段階加圧注入によって地盤中に鋼管を全面定着させる。制約条件下での構造物の基礎杭や既設構造物基礎の増し杭、斜面補強などに適用性がある。また、比較的大きな杭の水平抵抗を要求する場合には斜杭として削孔打設が可能である。
  2. STマイクロパイル工法 タイプⅡ
    高圧噴射攪拌(GTM工法)によって地盤中に改良体を造成し、その中に小口径鋼管(Ø300mm以下)を挿入、全面定着させる。改良体と節突起付き鋼管との一体化、改良体の地盤抵抗により、大きな杭の支持力と水平抵抗を期待でき、制約条件下で大きな支持力が必要な構造物の基礎杭や既設構造物の増し杭補強などに適用性がある。

適用分野

STマイクロパイル工法_適用分野_分類
STマイクロパイル工法_タイプⅡ・Ⅰ_イラスト

使用材料

鋼管 (mm) 節加工仕様 (mm) 鋼管の種類
(標準仕様)
外径 Ds 鋼管肉厚 t 節加工高さ h 節加工間隔 p
165.2

7.1

2.5以上 600 STK540
STKT590*
216.3 12.0
267.4 12.0

*STKT590:鉄塔用高張力鋼管(JISG3473)

支持力算定式

STマイクロパイル工法_支持力算定式

最大周面摩擦力度

※Cは地盤の粘着力(kN/m2)、Nは標準貫入試験N値

杭先端の極限支持力度

※quは一軸圧縮強度(kN/m2)

お問い合せ