メインビジュアル

パワー ネット工法(耐久性強度ネット法面保護工)

パワー ネット工法の概要

パワーネット工法は、優れた耐久性をもつ高強度のパワーネット、支圧板、補強材を一体化させた、全面抑止を目的とする柔構造の法面保護工です。

特 徴

  1. パワーネット、支圧板、補強材を一体化させることにより、従来工法の課題であった土塊の摩擦力不足による崩壊を克服しました。
  2. パワーネットの柔な面構造により、すべろうとする土塊全体を抑えられるほか、地盤そのものの変形(地震力など)にも追随できます。
  3. パワーネットは透過性に優れ、周囲の景観になじみやすい他、地山を残すことにより自然植生の回復を図ることができるなど、環境にやさしい工法です。
    ※表面の風化・浸食防止のため、緑化工法との併用をおすすめします。
  4. パワーネットはコンクリート類に比べると取扱いが容易であり、施工も簡便です。そのため従来工法と比較すると、工事期間は短縮され、工費は縮小されます。

メカニズム

パワーネット工法 メカニズム_イラスト
  1. 補強材の頭部に支圧板を介して初期導入力を与えます。
  2. パワーネットは、斜面に押し込まれ張力が発生します。
  3. 張力を持ったパワーネットと支圧板、補強材が一体化し、補強材頭部の斜面土塊を拘束します。

パワーネットとは

  1. 耐久性に優れた高強度のひし形ネットです。
  2. 素線径直径3.0mm、1,770N/mm2以上という世界トップクラスの引張強度を有しています。
  3. 合金メッキ(Zn/Al)に金属面との密着性に優れた飽和ポリエステル(PET)をコーティングした二重防食で、永久的な防食性能を実現しました。

工法の用途

パワーネット工法 崩壊斜面の復旧_写真
崩壊斜面の復旧
パワーネット工法 緑化後_写真
緑化後
パワーネット工法 樹木を残した施工例_写真
樹木を残した施工例
パワーネット工法 自然植生を生かした施工例_写真
自然植生を生かした施工例
パワーネット工法 落石予防工としての施工例_写真
落石予防工としての施工例
パワーネット工法 劣化したモルタル吹付工の補修(施工前)_写真
劣化したモルタル吹付工の補修(施工前)
お問い合せ