SGM計量土工法_写真

SGM 軽量土工法

SGM軽量土工法の概要

SGM(Super Geo-Material)軽量土工法は、港湾・海洋環境を対象にした軽量土工法で、浚渫土に水とセメント等の固化材を混合して流動化させたものに気泡・発泡ビーズ等を混合して軽量化を図った土です。

特 徴

  1. 軽量性
    γ=10~12kN/m3(単位容積質量が設定可能)
  2. 強度特性
    一軸圧縮強さ (qu=200~400kN/m2
  3. 流動性
    材料分離せずに最大200~300m程度圧送可能
    水中でも適度な流動性を確保することにより、水中での施工が可能
  4. 水中施工性
    粘性土系の浚渫土を使用することにより、水中での施工が可能
    (砂質土系の場合は増粘材を添加)

配 合 例

区分 湿潤密度
kN/m3
一軸圧縮強さ
qu28
kN/m2
配合
調整泥土
kg/m3
含水比
XWL
固化材量
kg/m3
気泡量
(L/m3)
気中部 10 200 849 2.5 140 279
水中部 12 200 952 2.5 140 196

用途

SGM軽量土工法 用途(新設岸壁・護岸の裏込)_イラスト
SGM軽量土工法 用途(近接工事盛土)_イラスト
SGM軽量土工法 用途(水中埋戻し・軟弱地盤上の盛土)_イラスト
お問い合せ