メインビジュアル

発生土改良工法

  • プラント改良工法
    現地発生土を活用した盛土材・路盤材が、その施工規模に応じて自走式土質改良機と大容量移動式混合プラントによって製造が可能です。
  • 流動化処理工法(流動化処理土 LSS工法)
    事前配合試験により、あらゆる土質の発生土が利用可能で、所用の流動化・強度・単位体積質量を持たせることが可能です。
  • 管路処理システム
    管路処理システムは、管路ミキサを中心とし、粉体供給機および比重調整装置などを組み合わせた技術により、泥土、浚渫土などの建設発生土に、管路圧送過程で粉体あるいは液体状の添加材(疎水剤、フロック剤、固化材、起泡剤、ベントナイトなど)を添加、混練する処理技術です。
お問い合せ