メインビジュアル

プラント改良工法

概要

 発生土改良工法は、建設発生土の有効利用を図るため施工機械と改良材を組合せることにより、各種の性状の発生土を用いて要求される性状に合致した改良土を製造するものである。 

種類

 発生土の種別と改良土の用途別発生土改良工法の種類を下表に示す。

発生土の用途・種別
土構造物材料
改良土
埋戻・充填材料
流動化処理土
使用材料
石灰・セメント系
(高炉セメント,固化材)
セメント系
(高炉セメント,固化材)
建設発生土

一般残土
【砂質土主体】
第二種発生土
(qc≧800kN/m2)の
砂質土・礫質土等

自走式プラント混合工法

LSS工法
(粘性土の購入が必要)
【粘性土主体】
第三・四種発生土
(qc≧200kN/m2)の 粘性土
自走式プラント混合工法
LSS工法
(管路処理システム)
【高含水比・泥土】
浚渫土、腐植土等
ARM工法
MR工法
LSS工法
(管路処理システム)
汚泥
【非アルカリ汚泥】
泥水・泥土圧シールド、
リバース杭発生汚泥等
ARM工法
MR工法
LSS工法
(管路処理システム)

 

自走式プラント混合工法

施工概要

自走式プラント混合工法は,発生土ホッパ,粉体改良材ホッパ,混練装置,改良土搬出コンベヤおよび自走装置を装備した自走式土質改良機から成る。バックホウ混合方式に対して混合処理能力に優れており,標準状態の砂質土系で60m3/h程度,粘性土系で40m3/h程度である。

イラスト_自走式プラント図

 

工法の特徴

  1. 油圧ショベルに対して高い攪拌精度が得られ、高品質が確保できる。
  2. 固定式のプラントに対して運搬費や時間及び労務コストが軽減でき、設置・移動が簡易です。
  3. 混合攪拌を機械内部で行うため、材料の飛散が少なく周辺環境への影響が少ない。

発生土改良工法 自走式プラント混合工法_イラスト

お問い合せ