管路処理システム

管路処理システムの概要

管路処理システムは、管路ミキサを中心とし、粉体供給装置及び比重調整装置などを組み合わせた技術により、泥土、浚渫土などの建設発生土に、管路圧送過程で固化材などの添加剤を添加、混練する処理技術です。

特長

  1. 連続混練方式のため、コンパクトなシステムで大規模施工ができます。
  2. 管路ミキサ軸部で添加剤を吐出するため、優れた混錬成を発揮します。
  3. 密閉した圧送管路内で添加物を供給するため、粉塵などの飛散がありません。
  4. 適用比重調整装置により、処理土の比重を一定にできます。
  5. 粉体供給装置により、高品質で安定した粉体混煉ができます。
  6. 添加剤管路処理適用は、粉体、液体の性状を問わず添加できます。

適用工法

管路処理システムは、建設発生土、泥土、浚渫土などの土砂に対応でき、流動化処理土、固化処理土、土質改良、HGS気泡混合土、SGM軽量土、浄化済み土壌、不溶化済み土壌など多様な処理ができます。

工法と混合材料の一例

泥水+固化材 → 流動化処理土など
浚渫土+固化材 → 固化処理土
泥土+固化材+気泡 → HGS 気泡混合土SGM 軽量土
汚染土壌+浄化剤 / 汚染土壌+不溶化剤 → 浄化済み土壌不溶化済み土壌

施工機械

PAGE
TOP

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目21番地

© 2018 Onoda Chemico co.