メインビジュアル

スーパージェットセメントプレミックス製品

カタログPDF

 

用途・特徴

荷姿 練り上がり

超速硬性

スーパージェットセメント

超速硬セメント

・コンクリート・モルタル・セメントミルクの現場練り材料として

20kg/袋  -

緊急対応、早期解放

スーパージェットコンクリート・セット

超速硬コンクリート(σ3h=24N/mm2

・現場練りコンクリート

ユニット-1(20kg) + ユニット-2(15kg)

35kg/セット

15.5㍑/セット

65セット/m3

簡単につくれる

ジェットモルタル

超速硬モルタル (σ3h=20N/mm2前後)

厚塗り左官モルタル

・タイルブロックの下地調整、土間、断面補修

20kg/袋

10㍑/袋

100袋/m3

2時間で開放

無収縮ジェットモルタル

超速硬無収縮モルタル (σ2h=20N/mm2前後)

厚塗り左官モルタル

・高強度、無収縮用途の断面補修

20kg/袋

10㍑/袋

100袋/m3

小野田超速硬グラウト材

早期解放・間隙充填(PFG-01)
超速硬無収縮グラウト
・目地充填、小寸法断面への裏込め充填、不陸調整材
20kg/袋

11㍑/袋

92袋/m3

早期解放・耐衝撃性向上(PFG-15)

・繊維補強タイプ:橋梁 支承の沓(シュー)座補修他 無収縮モルタル

ヒートアイランド対策

保水性舗装用充填材「涼」

保水性舗装用充填材

・市街地のヒートアイランド現象の抑制

20kg/袋

27㍑/袋

37袋/m3

ひび割れ低減 小野田エフェクトJ 被膜型養生剤 (初期乾燥ひび割れの低減に) 18㍑/缶 90~120m2/缶
ジェットセッター 粉末タイプ:スーパージェットセメントの専用凝結遅延剤 1kg/袋  - 
ジェットセッターW 溶液タイプ:専用凝結遅延剤:現場での計量が簡易 4kg/缶 - 

ジェットモルタル

特 長

あらゆる緊急工事にジェットモルタルが適用できます。

  1. 現場で容易に超速硬モルタルが製造可能
  2. オールシーズンで安定した品質を確保
  3. 作業性に優れ、早期解放・供用開始が可能
  4. 長期にわたり安定した強度増進

用 途

  1. コンクリート欠損断面修復材
  2. マンホール設置(レベル調整)
  3. 道路標識・ガードフェンス・ガードレール基礎
  4. 配管・配線工事の埋戻用
  5. 砂利を加えることにより簡易な超速硬コンクリートとなります。
スーパージェットセメント関連製品 ジェットモルタル 用途_反射板設置工事_写真
反射板設置工事
スーパージェットセメント関連製品 ジェットモルタル 用途_誘導灯設置工事_写真
誘導灯設置工事

性 能

表1 ジェットモルタル試験結果(20℃)

W/M
(%)
1袋当たりの
練り水量(リットル)
ジェット
セッターH
テーブルフロー値
(mm)
圧縮強度(N/mm2
13~15
2.6~3.0
2/3袋
160~200
2時間
3時間
6時間
1日
7日
16
20
25
28
35

(注)上記の数字は、実験室データ例です。

使用方法

  1. ジェットモルタル1袋当り、2.6~3.0リットルの標準練り水量の範囲※1でご使用ください。
  2. 1袋当たりの練り上がり量は、約10㍑となります(1m3≒100袋)
  3. 練り混ぜには、モルタルミキサ、ハンドミキサをご使用ください。
  4. 作業性の確保のため、凝結遅延剤ジェットセッターHの添加量※2を調整します。

※1 所定の水量以上で練り混ぜた場合、材料分離や強度不良の原因となります。
※2 ジェットセッターHは、予め練り水に所定量溶解して使用します。20分前後可使時間を確保する添加量に調整します。

荷 姿

小野田ジェットモルタル 20kg/袋
専用疑結遅延剤 小袋 1個

スーパージェットセメント関連製品 ジェットモルタル 荷姿_写真
荷 姿

スーパージェットコンクリート・セット(超速硬コンクリート)

特 長

  1. 現場で容易に超速硬コンクリートが製造できます。
  2. セット数を調整することにより必要量のコンクリートの練混ぜが可能で、無駄がありません。
  3. 作業時間は、ジェットセッターHの添加量を変えるだけで容易に調節できます。
  4. 3時間で24N/mm2前後の強度が得られ、長期にわたり安定した強度増進が期待できます。
  5. 低温では、保温養生を行うことにより所定強度が得られます。
スーパージェットセメント関連製品 スーパージェットコンクリート・セット(超速硬ドライコンクリート)_荷姿
荷 姿

用 途

  1. 緊急工事
  2. コンクリート欠損断面補修
  3. コンクリート床版補修
  4. 小規模コンクリート打設

配 合 (例)

粗骨材
(mm)
最大寸法

W/C
(%)
S/a
(%)
単位量(kg/m3
セメント
細骨材
粗骨材
減水剤
遅延剤
20 mm
37.5
48.4
400
150
896
965
1.9
適宜

※ 事前に標準練り水量の範囲で施工性に合わせて水量を確認して下さい。
※※ジェットセッターHは、練り水の一部とし、作業性が確保できるように添加量を 決めて下さい。

種類
ユニット-1
ユニット-2
水量※
スーパージェット
コンクリート・セット
セメント
細骨材
減水剤
粗骨材
練り混ぜ水
重量(kg)
20
15
2.2~2.5
練り上がり量(リットル)
15.2~15.5
使用量目安
(セット/m3
約65セット
143~163kg

物 性 (例)

温度
(℃)
1セット当たりの
練り水量(リットル)
セッターHの
添加量
スランプ
(cm)
圧縮強度(N/mm2
3時間
6時間
7日
20
2.5
小袋0.5個
12.0
29.8
34.6
51.2

使用方法

  1. スーパージェットコンクリート・セット1セット当たり、2.2~2.5リットルの標準練り水量※の 範囲でご使用ください。
  2. ユニットー1を練り上げてからユニットー2をミキサに投入してください。
  3. 1セット当たりの練り上がり量は、約15.5リットルとなります (1m3≒65セット)。
  4. 練混ぜには、コンクリート用強制練りミキサをご使用ください。
  5. 施工性の確保は、凝結遅延剤ジェットセッターHの添加量※※で調整してください。

※ 標準練り水を超える水量で練混ぜた場合、材料分離や強度不良の原因となります。
※※ ジェットセッターHは、予め練水に所定量加え、溶かしてご使用ください。

スーパージェットコンクリート・セット 添加量グラフ_イラスト

荷 姿

 ユニット-1 20kg/袋 ユニット-2 15kg/袋 ジェットセッターH 30g /袋

スーパージェットコンクリート・セット_ミキサー_写真
スーパージェットコンクリート・セット_打設_写真
ページのトップへ戻る

小野田超速硬グラウト材(PFG-15) 織維補強無収縮超速硬グラウト

特 長

小野田超速硬グラウト材(PFG-15)は流動性に優れ短時間に強度を発現し、特殊繊維の混入によりひび割れ抑制と靭性を向上させたプレミックスタイプの織維補強無収縮超速硬グラウトです。

  1. 現場で容易に、ひび割れ防止型の高性能超速硬グラウトが出来ます。
  2. 流動性に優れています。
  3. 特殊繊維の分散性がよく安定した充填性です。
  4. ブリーディング等の沈下を生じません。
  5. 打設後短時間で高強度が得られます。
  6. 長期にわたり安定した強度増進が得られます。
  7. 特殊繊維を混入している為に、靱性が改善され、ひびわれや衝撃に対する抵抗性が大幅に向上します。

用 途

織維補強無収縮超速硬グラウト

小野田超速硬グラウト材(PFG-15) 用途 沓座補修材01_写真
小野田超速硬グラウト材(PFG-15) 用途 沓座補修材02_写真

性 能

温度
(℃)
W/M
(%)
J14 ロート
流下値(秒)
圧縮強度(N/mm2
1時間
2時間
3時間
6時間
1日
7日
20
18~20
7.9
11
23
28
33
37
51

使用方法

  1. 小野田超速硬グラウト材(PFG-15)1袋当たり、3.6~4.0㍑の標準練り水量※の範囲でご使用ください。
  2. 1袋当たりの練上がり量は、約11㍑となります(1m3≒92袋)。
  3. 練混ぜには、ハンドミキサ(1000rpm以上の能力)をご使用ください。
  4. 作業性の確保のため、凝結遅延剤ジェットセッターWの添加量※※を調整します。
    ※ 所定の水量以上で練混ぜた場合、材料分離や強度不良の原因となります。 但し、気温・材料温度・水温等の影響を受け水量は若干変動します。
    流下値(J14 ロート)が6~10秒になるように水量を決めてください。
    ※※ ジェットセッターWは、予め練り水に所定量を加えて使用します。

荷姿

小野田超速硬グラウト材(PFG-15) 20kg/袋 
※ 専用の凝結遅延剤ジェットセッターWが必要です。
(使用する量は、外気温度、施工条件により変わりますのでお問い合わせ願います。)
(PFG-15、1袋につき20~100cc程度使用いたします。)

ページのトップへ戻る

保水性舗装用充填材「涼」

概 要

都市部のヒートアイランド現象要因の一つとして、アスファルト舗装版による日射熱の吸収と夜間の放熱が指摘されています。この温度低減対策として、開粒アスファルト舗装の空隙に保水性充填材を充填し、気化熱による温度低減方法が注目されています。小野田保水性舗装用充填材「涼」は、まさに、この技術にお応えできる製品であり、12℃以上の温度低減効果があります。

特 長

ヒートアイランド現象要因の一つであるアスファルト舗装の温度を12℃以上下げる効果があります。

  1. 水の供給なしに、路面温度低減効果が1週間以上持続します。
  2. 40%以上の保水性を確保しながら、所定材齢(普通タイプ:7d,超速硬タイプ:3h)で1.0N/mm2程度の圧縮強度を発現します。
  3. 透水性・排水性アスファルト舗装およびポーラスコンクリート舗装に対応できます。
  4. 流動性・自己充填性にすぐれ、従来の半たわみ系舗装用充填材と同様の施工が可能です。
  5. 小野田保水性舗装用充填材 「涼」 を注入した舗装版は白色を呈します。

用 途

 道路、歩道、駐車場、日射壁

保水性舗装用充填材「涼」_開粒アスファルト材_写真
開粒アスファルト
保水性舗装用充填材「涼」_保水材注入_写真
保水材 充填
保水性舗装用充填材「涼」_保水材充填_写真
保水材 充填
保水性舗装用充填材「涼」_保水性舗装仕上げ状況_写真
保水性舗装仕上状況

性 能

保水性舗装の温度低減効果

舗装路面(表層)
密粒アスファルト
コンクリート
ポーラスコンクリート
温 度 差
17.3℃
10.5℃
6.9℃

※夏季の実施データです。

保水性舗装用充填材の物性

タイプ
W/M
(%)
Pロート
流下値(秒)
圧縮強度(N/mm2)
3時間
7時間
28日
普 通
100
9.3
-
1.5
2.1
超速硬※
100
9.3
1.1
2.5
5.5

(注)上記の数字は、実験室データ例です。 ※ 専用凝結遅延剤を併用してください。環境温度により添加量が変わります。

保水性舗装用充填材「涼」_グラフ_イラスト

荷 姿

小野田超速硬保水性舗装充填材 涼 (超速硬タイプ) 20kg/袋
小野田保水性舗装充填材 涼 (普通タイプ) 20kg/袋

カタログ PDF

スーパージェットセメント&コンクリート

超速硬セメント・超速硬コンクリート

カタログ スーパージェットセメント_PDF  

スーパージェットセメント

超速硬セメント

カタログ スーパージェットセメント_PDF  

スーパージェットコンクリート・セット 

超速硬コンクリート

カタログ スーパージェットコンクリート・セット_PDF  
スーパージェットコンクリート
ユニット-1

超速硬モルタル

カタログ PFG-01_PDF  

ジェットモルタル 

超速硬モルタル

カタログ ジェットモルタル_PDF

 

無収縮ジェットモルタル 

超速硬モルタル 無収縮タイプ

カタログ 無収縮ジェットモルタル_PDF

受注生産

PFG-01

無収縮超速硬グラウト

カタログ PFG-01_PDF

受注生産

PFG-15 

繊維補強無収縮超速硬グラウト

カタログ PFG-15_PDF  

 

保水性舗装用充填材

カタログ 涼_PDF

受注生産

ジェットセッターW 

専用凝結遅延剤

カタログ ジェットセッターW_PDF  

エフェクト-J 

専用皮膜養生剤

カタログ エフェクト-J_PDF  

資料 PDF

防衛施設学会誌 別冊 2011.11
防衛施設 新技術情報 Vol.3

No.058 プレミックス製品と移動式バッチャプラントによる滑走路緊急復旧システム

カタログ スーパージェットコンクリート_PDF
お問い合せ(特殊コンクリート事業部)